Money

投資信託の探し方、選び方総まとめ

こんにちは!

皆さん、「投資信託」って聞いたことはありますか?恐らく、聞いたことがある人の方が多いのではないかと思います。

ただ、「運用商品だよね?それは知っているけどどうやって買えばいいのか分からないし、選び方も全然分からないよ・・・」という人も多いと思います。今回は、投資信託の仕組みについてなるべく分かりやすくまとめてみました。

投資信託の定義

まず、投資信託について、Wikipediaではこう書かれています。

投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式債券金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品[1]

分かりにくいですね(笑)

よく例えられるのは、「初心者でどの株を買えばいいのか分からない人のために、プロが丁度いいバランスで運用するのが投資信託だよ」と例えられたりもしますが、それでもまだ分かった気にはならないですよね。

ということで、初めから説明していきます。

運用とは

皆さんも運用に関心があってこのページを見ていただけている方が大半だと思います。

「運用する」とは?皆さんは働いたりして、お金を稼ぎます。稼いだお金はご飯に使うことも出来れば、貯金をしたり、株を買ったりできます。この「株を買う」ことは自分の資金を運用することとほぼ同義ですが、運用出来るのは何も株だけではありません。国が発行する「国債」や、会社が発行する「社債」、不動産に投資する「REIT(リート)」等があります。さらに、これらも日本のものもあれば、外国のものもあります。

また、投資信託にはありませんが、運用商品では最近流行りの仮想通貨(暗号資産)なんかもありますね。

投資信託とは−具体例

では、投資信託とは一体何者なのでしょうか?

簡単に言うと、投資家が預けたお金(=投資信託を購入すること)で、上で挙げたような「運用商品」を、投資家が買った投資信託の運用方針(どれをどの割合で買うか)に従って運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用してくれるのが、投資信託です。

投資信託には、どういった運用方針で運用するかがあらかじめ書かれていて、販売の際には販売者が説明しなければいけないことになっています。また、ネットでの投資信託の購入の際は、自分で確認することが出来ます。

例えばこれはSBI証券のホームページですが、上の「投信」を押すと、こういった画面が出てきます。「投資信託ランキング」の各商品のリンクを開けば、説明を見ることが出来ます。開くと、こんな画面になります。

ちょっと小さいですが、右上の「目論見書」を見ると商品の運用方針が書かれた資料を見ることが出来ます。

・・・が、この資料、ページがとてつもなく多いんです。投資信託のような金融商品を販売する上では法律でちゃんと顧客に説明するべき事項が定められているからなのですが、それでも長いです。

では、その中でも購入する側が特に知っておかなければいけないことは、何なのでしょうか。それは、上の図でいうと左下にある「運用方針」のところと、切れてしまっていますがその下に書かれている項目(販売手数料、信託報酬、リスクなど)についてですが、それを次に説明します。

投資信託で気にすべきポイント①−手数料

まず皆さん真っ先に気にするのは「手数料が高いんじゃ・・・」と言うことだと思います。

投資信託には基本的に、以下の手数料がかかります。

1 販売手数料(購入時一度きりかかる手数料)

2 信託報酬(投資信託を保有している限りかかる手数料)

3 信託財産留保額(投資信託を解約するときにかかる手数料)

※このうち、3については全くかからない(「なし」として設定している)投資信託も多いです。

なので、1と2について説明します。

1は投資信託を購入する際にかかる手数料で、自分のお金(元本)から差し引かれます。なので、例えば

100万円で投資信託を購入したいが、販売手数料は1%

だとすると、初めから自分の運用額は100万円-100×1%=99万円

で運用することになります。

また、販売手数料は基本的に窓口(店頭)販売では高く、ネット販売では安いことが多いです。上記のSBI証券のホームページを見ると、ノーロード(販売手数料がゼロ)の商品もたくさんあります。窓口では社員の方が説明してくれる分、コストが掛かっているので手数料も高い、ということですね。

また、商品別に見ると、複雑な商品になるほど販売手数料が上がる傾向にあります。

一方、信託報酬は持っている限りかかる手数料(投資信託の管理にかかる手数料)ですが、これについては毎回払いにいくわけではなくて、「基準価額」に加味されています。この基準価額が、自分の投資信託の運用が上手くいっているか、判断の基準になるわけですが、これについて次にちょっと詳しく説明します。

基準価額って?

基準価額とは、定義では投資信託の値段のことで、多くは1口または1万口当たりの値段のことです。(口数の考え方はあまり気にしなくて大丈夫です)

つまり、基本的には「上がると自分の資産も増えていて、下がると減ってるんだな」と言うことがわかります。さきほど書いた「信託報酬」はこの中に入っていて、例えばある投資信託の運用が上手くいき、年間で+3%の運用が出来たとします。ただ、その投資信託の信託報酬が1.2%ならば、基準価額、つまり自分の資産は(おおよそ)1.8%しか増えないことになります。

ただ、この考え方には例外があり、それが「分配金」です。分配金は、次の項で説明します。

分配金〜タダでもらえるものじゃないよ〜

分配金というと「分配してもらえるお金」つまり、おこずかいのように入ってくるお金と思うかもしれません。

が、それ違います。ここはすごい大切なところです。

分配金は、その投資信託が決めている頻度(月1とか年1とか)で、「その投資信託の資産から拠出する」ものです。つまり、分配金を出した分その投資信託の基準価額は、下がります。

例えば、4/1に基準価額10,000円の投資信託があったとします。

その月の運用成績が+3%なら、4月末の基準価額は普通、10,300円くらいになります。

が、4/15に分配金を500円出していたとすると、4月末の基準価額は9,800円くらいになります。(※厳密には計算は少し異なりますが、ここでは省略しています。)

すると、自分でホームページを見て

「あれ、基準価額下がってるじゃないか!損してるの!?」と思うかもしれません。そんなことはありません。分配金をもらえるからです。

分配金は、受け取り方が2パターンに分かれます。(これは投資信託によってではなく、個人ごとに設定するものです。)

①分配金再投資

②分配金口座受取

①は再投資といって、上の例で言うと、基準価額が分配金が出た日に500円下がりましたが、そのお金で同じ投資信託を自動的に再購入したことになります。つまり、基準価額は減っちゃいますが、持っている分(口数)が増えるので、自分のお金は変化しません。

(ざっくり言うと、自分の今の残高=口数×基準価額/10,000です。基準価額が下がっても口数が増えるなら変わらない、ということですね。)

②は口座受け取りといって、出た分配金を銀行などの口座で受け取る方法です。つまり、その分配金は銀行などの口座で受け取って、その分、今後の運用額は減少する、ということです。

まとめると、分配金が出たことによって利益が増えたりするわけではないということは、知っておいてください。(あと税制上もちょっと違いがあったりしますが、ここでは割愛します)

投資信託で気にすべきポイント②−価格変動リスク

さて、これまで手数料や分配金について説明してきましたが、肝心の「そもそも中身にどんなものが入っているのを買えばいいの?」という点。

これは、「あなたがどのくらいリスクを取りたいか」によって変わってきます。

まずは大まかに運用資産を挙げていきます。

「国内株式」「国内債券」「海外株式」「海外債券」「国内リート」「海外リート」「その他」

ざっくりこんな感じです。

基本的には株式は値動きが大きく、債券は値動きが小さいです。また、リートも値動きが大きく、割とリスクは高い商品に分類されます。あと、「その他」には金などの貴金属や原油などのコモディティ(商品)などがあります。

一番分かりやすいのは、いわゆる「インデックスファンド」と呼ばれるもので、ある指標に連動する(成果を目指す)ものです。目指す、と言っていますが、例えば日経225のインデックスファンドだと基本的に日経平均株価に連動する(投資信託の構成資産が日経平均株価を構成する株式と同じように作られている)用に作られているので、大きく価格が乖離することはないかと思います。その日の日経平均が1%上がったのなら自分の資産もたぶん1%くらい増えたんだな、と考えられるので分かりやすいですね。

他には、投資信託で最近流行りの商品に「バランスファンド」というものがあります。これは、上の商品を一定の比率(国内株式:30%、国内債券:10%、海外株式:20%、海外債券:40%とか)で運用するものです。(詳しくは各証券会社や銀行のHPを見てみてくださいね)

バランスファンドのメリットは、いろんな資産に分散して投資している点です。例えばマーケット環境が悪くなって株価が下がった時でも、基本的に市場では「株価が下がった時は債券は買われやすい」という側面があるので、株式と債券がミックスされた投資信託だと、お互いをフォローし合ってくれるので、株価急落時でも、株式だけの投資信託と比べると値下がりが小さくなります。(その分、上がる時も同様です)

また、同じ名前の投資信託でもコースを分けているものがあります。例えば同じ名前でも「成長コース」と「安定コース」があるならば、大体成長コースの方が株式の比率が高く(=値動きが大きく)、安定コースの方が債券の比率が高い(=値動きが少ない)ことが多いです。このあたりは、自分がどういう運用方針を取りたいかによって決めてくださいね。債券の割合が大きいものは、値動きも少ない分、リターンも小さくなりがちです。一方、「手数料」の項目で書いたとおり、投資信託にはコストがかかっています。あまりリターンが小さすぎても困りますよね。必要に応じて各商品のこれまでの運用実績を見てみるのも、良いかもしれません。

そして、リスクでもう1つ大事なのが「為替リスク」。これ、本当に大事です。

同じ商品でも「ヘッジあり」と「ヘッジなし」の商品があったりします。これは為替ヘッジをかけるかどうか、ということです。

為替ヘッジとは?ここではざっくりと書きますが、海外の資産から構成される商品であると、基本的に「円安ならば利益になり、円高になれば損失」になります。

例えばあるアメリカの株に投資する投資信託があったとします。基準価額が4/1に10,000円の商品があって、その商品の中身(株式や債券)の運用は4月末で0%だったとします。しかし、ドル/円が4/1に100円、4月末に102円だったとすると2円円安になっており、月末の基準価額はおおよそ10,200円になっていて、利益が出た、ということが分かります。

そして、「為替の変動はマーケットが急変すると非常に大きくなる」点。ここがポイントです。

例えば上で書いた債券。海外債券がメインの投資信託なんかはちょっと前はすごい人気でした。債券は値動きも少ないです。そう、「債券は」。

海外債券メインの投信で、ヘッジなしの投資信託もたくさんありますが、為替で1ヶ月に3%円高に動くことなんかもよくあります。すると、自分の運用はそれだけで3%マイナスになってしまいます。例え債券が0.2%しか動いてなかったとしても、大損ですよね。

為替の動きを読むのは難しいですが、リスクを抑えたいのであれば、ヘッジなしではなくヘッジありにすれば、為替の影響を軽減したら、ほぼなくしたりすることが可能です。但し、ヘッジありの場合は為替の影響は受けない分、「ヘッジコスト」という、為替ヘッジをするための費用がかかり、基準価額が上がりにくくなるので注意してください。

また、投資信託の主なリスクも、もちろん各商品のページで必ず説明されています。

まとめ

以上、ずらずらと書いてきましたが、投資信託は運用の初心者にとってはとても便利な商品だと思います。これから運用を考えている人は、是非一度ネット証券のページを見てみたり、証券会社や銀行に話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

・投資信託は、その商品の運用方針に従ってプロに運用してもらうもの

・中身は、日経平均などの指標に連動するシンプルなものから、株式と債券を一定の比率で組み合わせたものなど、さまざま

・投資信託には、主に販売手数料や信託報酬がかかる。販売手数料は一度きり、信託報酬は継続的にかかる。ネットで買うと販売手数料0の商品も多い

・投資信託の価値の変化は、「基準価額」でわかる。

・分配金は得をしているわけではない。分配金が出ると基準価額が下がるが、その分配金を再投資していれば持っている投資信託の量(口数)が増え、口座受取の場合は自分の口座にお金が戻っているので、自分の総資産はほぼ変わらない

・為替リスクは割と大きい。ヘッジしてない商品だと為替の値動きがメインになることも。円高になりそうだと思っていたらヘッジありの商品を選ぶことも重要